忍者ブログ
プロフィ~~~ル

Nicolasですっ♪
疑問に思ったことを検証したり、興味あることをつらつらかいていきます♪
ご意見・ご感想・苦情・苦言などがございましても、その場でグッと飲み込んじゃってください。
どうしても・・・という場合は ・・・・・@・・・・・ まで
(上記の@は半角にしてお送り下さい)

なぁ~んて言いながら、ヘビ好きな方・nicolasとメル友になってやっても良いという方、ヘビーなメール・ライトなメールお待ちしています。

なお、最近『マウスを売ってください』というメールが来ますが、プリップリの活マウスの販売は現在行っていません。(2006年6月の改正動物愛護法の施行によるものです)悪しからずご了承下さい。将来、活マウス屋を開業した暁には大々的に宣伝・販売を行いますので、その時は宜しくお願い致します。

またニコラシステムしゃぶしゃぶ仕上げ(冷凍マウスの解凍法)については、雑誌掲載の事もあるので、ジワジワッと順次書いていきます。

誰んだぁ?
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログの中を検索
携帯で撮ってみそ♪
来てくれはった人数

0(2006.07.02)
4000(2006.10.26)
5000(2006.11.01)
6000(2006.11.06)
7000(2006.11.12)
8000(2006.11.17)
9000(2006.11.24)
11111(2006.12.31)
12345(2007.02.13)
13579(2007.02.28)
14142(2007.03.08)
17320(2007.04.18)
22360(2007.06.25)
?????(2007.07.02)
30000(2007.10.12)
方言に変換する?
興味あることだけつらつらっとね
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ペットには旨い餌を食べさせたい』と思うのですが、皆さんはいかがですか?
爬虫類、特にヘビに『おいしいマウス・ラット・ウズラ』をあげてますかぁ?

マウスの解凍方法は、
●プラケ等にお湯を入れ、その中にマウスを直に入れる方法(直湯煎法)
●プラケ等にお湯を入れ、ビニール袋にマウスを入れて浸ける方法(ビニール湯煎法)
●適当な器に入れて、電子レンジでチンする方法(電子レンジ法)
●段ボールなどの上にマウスを置き、ホットスポットの下に置く方法(自然解凍法)
などが一般的でしょう。

マウスの解凍

●プラケ等にお湯を入れ、その中にマウスを直に入れる方法(直湯煎法)
たくさんヘビをストックしているショップなどで行われているやり方です。WCボールなどは食べてくれないケースが多いようです。コーンが食べる確率は50vs50。
ショップで『エサをあげた日』をプラケに書いているところが増えていますが、食べていない日が続いた後、急に食べ始める場合があります。空腹には勝てずに目の前の物体に食らいついた結果でしょうか・・・
熱湯に浸けると、表皮が薄いピンクマウスやファジーマウスは爆発する場合があります。お湯の温度が低い場合はマウスの中まで温度が伝わらず、消化不良を引き起こす原因にもなりかねません。

●プラケ等にお湯を入れ、ビニール袋にマウスを入れて浸ける方法(ビニール湯煎法)
直湯煎法より、ニオイの面で優れている(?)と思われている方法です。お湯で直に洗ってしまわないので、マウスのニオイが残り、ヘビが反応しやすくなると考えられています。ところが、冷凍マウスには少量なりとも霜が付いていて、ビニール袋の中で霜が溶けだしベタベタになる場合があります。この場合は、ニオイに期待することはほとんど難しいでしょう。
熱湯に浸けると、表皮が薄いピンクマウスやファジーマウスは爆発する場合があります。お湯の温度が低い場合はマウスの中まで温度が伝わらず、消化不良を引き起こす原因にもなりかねません。

●適当な器に入れて、電子レンジでチンする方法(電子レンジ法)
ピンクマウスを電子レンジでチンする場合、解凍時間を極力短くする必要があります。解凍時間を長くすると、電子レンジの庫内が悲惨な結果となるでしょう。
ファジー以上の大きさなら爆発することも少ないようです。(冷凍マウスの鮮度によるようです)
電子レンジによる解凍の場合はマウスの内側から温度が上昇するので、消化不良を引き起こすことはないでしょう。しかしマウスに含まれる酵素などの栄養がズタズタにされるので、栄養の無い肉のかたまりを飲ませている可能性があります。

●段ボールなどの上にマウスを置き、ホットスポットの下に置く方法(自然解凍法)
『マウスはやっぱり自然解凍』という結論に至る方も多いようです。アダルトマウスの場合、ビニールで個装されている場合があります。ビニールに入れたまま自然解凍しているショップもありますが、はずした方が良いように思います。ビニール湯煎法と同様にニオイが取れてしまいます。
冬場は解凍時間が長くなること。夏場は解凍しているうちに腐ってきている可能性があること。解凍のできあがりタイミングがわかりにくい。表面温度がさほど上がらない。などのデメリットがあります。
ピット器官で反応するヘビの場合は、食べさせるのに苦労する可能性もあります。

おいしいマウス

ヘビは生き物ですから、当然それぞれ個体差があります。この『個体差』という言葉が曲者で、ショップの方々は上手に使います。
●WC個体でも入荷してすぐにエサを食べるヘビもいます。個体差があります。
●生まれたてのコーンの半数は拒食します。個体差があります。
●国内CBのボールパイソンの場合でも長期間拒食する場合があります。個体差です。
全て正しいでしょう。

人間にだって納豆好きな人と嫌いな人がいます。個体差ですから。ちなみに納豆苦手です。
でも世の中に納豆しかなかったら、嫌いなんて言ってられない。食べなきゃ死ぬ。
(ヘビの中には食べずに死んでいく強情なヤツもたまにいます。)
昔、納豆嫌いだということを知っていて、あえて『納豆の天ぷら』を食べさせてくれた女性がいます。
納豆はカラダに良いし(特に夜:笑)、粘りの少ない性格が改善されるという理由でした。
納豆嫌いでも『納豆の天ぷら』は食べられました。イヤな感じが全く無かったんです。

もともと『マウス食い』じゃないヘビの顔の前に、ニオイもない温かくもないマウスを持ってこられても食べる気がしない。そんなヘビも大勢いるかもしれません。
ヘビに『食べてみようかな』『食べてみたい』という気持ちにさせて、食べてみたら『意外とウマイじゃない』『これならいける』と思ってもらえば、給餌がラクになるでしょう。

上記4つの解凍法のメリット・デメリットから考え出したニコラシステムしゃぶしゃぶ仕上げについては、そのうち書きますので   乞うご期待   ♪

うまうまマウス


PR
Copyright © 爬虫類のことなど・・・。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]
ブログアフィリエイトで日給8万円(サイト) ブログアフィリエイトで日給8万円(ブログ)