忍者ブログ
プロフィ~~~ル

Nicolasですっ♪
疑問に思ったことを検証したり、興味あることをつらつらかいていきます♪
ご意見・ご感想・苦情・苦言などがございましても、その場でグッと飲み込んじゃってください。
どうしても・・・という場合は ・・・・・@・・・・・ まで
(上記の@は半角にしてお送り下さい)

なぁ~んて言いながら、ヘビ好きな方・nicolasとメル友になってやっても良いという方、ヘビーなメール・ライトなメールお待ちしています。

なお、最近『マウスを売ってください』というメールが来ますが、プリップリの活マウスの販売は現在行っていません。(2006年6月の改正動物愛護法の施行によるものです)悪しからずご了承下さい。将来、活マウス屋を開業した暁には大々的に宣伝・販売を行いますので、その時は宜しくお願い致します。

またニコラシステムしゃぶしゃぶ仕上げ(冷凍マウスの解凍法)については、雑誌掲載の事もあるので、ジワジワッと順次書いていきます。

誰んだぁ?
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログの中を検索
携帯で撮ってみそ♪
来てくれはった人数

0(2006.07.02)
4000(2006.10.26)
5000(2006.11.01)
6000(2006.11.06)
7000(2006.11.12)
8000(2006.11.17)
9000(2006.11.24)
11111(2006.12.31)
12345(2007.02.13)
13579(2007.02.28)
14142(2007.03.08)
17320(2007.04.18)
22360(2007.06.25)
?????(2007.07.02)
30000(2007.10.12)
方言に変換する?
興味あることだけつらつらっとね
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

セイブシシバナのヘテロアルビノの♀がウチに来て1ヶ月と少しになります。
なかなか脱皮しないので心配でしたが、2~3日前にようやく脱皮してくれました。
たぶんこれからガッツリとエサを食べるようになるでしょう。
あわてて差したりすると危険なのでガマンしてきましたが、自律的に捕食するでしょうね♪
これから3ヶ月はミッチリ餌をあげて、プリップリに仕立て上げますよ♪

そろそろ今年産まれた卵がハッチする頃ですね。ウチの5つの卵は残念ながら無精卵だったようです。来年は♂たちに頑張ってもらわねばなりません。
ハッチした子シシが最初の脱皮を終えるまでは心配が尽きませんよね。最初の脱皮を終えるまではエサをほとんど食べてくれないでしょうし・・・

いかに環境を整えるか・・・風水みたいなモノですね♪


PR
セイブシシバナは例によって10cmぐらいのフカフカ深さの床材に縦横無尽のトンネルを掘って喜んでいます。

そのうちの2匹が穴から出てきていたのでエサを入れたら・・・パクッ♪

食べ終わったら早々にトンネルの中に帰還。

わかりやすい行動です。

トンネルから出てくるのは3つのパターン。

ご飯・水分補給・排泄

ウンチはだいたい3~4ヶ所に決めているようです。

問題はシッコ。(マイケル・ムーア監督は無関係)

床材の2~3cm下に吸収剤を仕込ませる実験を計画中です。

ネコ砂?それとも『多い日も安心』?←入手困難?

うまくいったら報告します♪♪




セイブシシバナヘビとは一体・・・人気があるのかないのか

2007年8月18日現在→Yahoo!で200件弱、Googleで800件弱しかインデックスされていない。

意外とショックが大きい。
少なくとも1万件は登録されてるるかと思ってました。

飼ってみるとわかりますが、とてもカワイイ。でも弱毒性。後牙に毒があるといわれているのが玉に瑕。

もし5分以上噛まれていると、肩まで腫れ上がるといった情報サイトまであるので注意が必要。
ウチの6匹は皆おとなしいので・・・誰も噛みついてこようとなんかしない。

指先にマウスなどのニオイをプンプンさせていたら話は別かもしれない。

相手だって生きている。生きるためには必死。飼う側も覚悟していなければ・・・
カワイイ・カワイイだけではダメなのは犬だって同じでしょ?





セイブシシバナの奈津子が脱皮しました。

アスペンの大地に作ったトンネルを通過しながら脱皮したようで、皮を引っ張り出すのにチョット苦労しました。

でもシェルターなどに引っかけて脱いだ場合と違って・・・キレイに脱いでいました。

奈津子は他のセイブシシバナと比べても、背骨を中心とした7~8列のウロコにザラツキ感が強く出ていました。

がっ・・・脱皮してキレイに♪

さらにっ・・・赤みが強くなったような気がします。

ウズラの卵を食べていた成果・・・皮が分厚い。

秋口には一段とたくましくなれるでしょうね♪来春が楽しみ~♪

セイブシシバナの背骨付近のウロコは7列ほど特殊な形になっているようですね。

そのせいか・・・他のヘビのようにトグロを巻くことが難しいようです。

また頭を持ち上げて威嚇するという動作がやり難いようです。

そのせいか・・・威嚇するというより、鼻で『フン』と怒るようです。

う~ん、うまく表現しにくいのですが・・・威嚇のための噴気音というより、ストレスが溜まっての噴気音という感じです。

頭を持ち上げるのが億劫(オックウ)なので・・・目の前に高い壁があると、左右に避ける傾向があるようです。

すると壁の向こうに水があっても気が付かない・・・

だからできるだけ高い壁を作らないことが重要な気がします。

セイブシシバナは バリヤフリー が基本のようです。


Copyright © 爬虫類のことなど・・・。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]
ブログアフィリエイトで日給8万円(サイト) ブログアフィリエイトで日給8万円(ブログ)