忍者ブログ
プロフィ~~~ル

Nicolasですっ♪
疑問に思ったことを検証したり、興味あることをつらつらかいていきます♪
ご意見・ご感想・苦情・苦言などがございましても、その場でグッと飲み込んじゃってください。
どうしても・・・という場合は ・・・・・@・・・・・ まで
(上記の@は半角にしてお送り下さい)

なぁ~んて言いながら、ヘビ好きな方・nicolasとメル友になってやっても良いという方、ヘビーなメール・ライトなメールお待ちしています。

なお、最近『マウスを売ってください』というメールが来ますが、プリップリの活マウスの販売は現在行っていません。(2006年6月の改正動物愛護法の施行によるものです)悪しからずご了承下さい。将来、活マウス屋を開業した暁には大々的に宣伝・販売を行いますので、その時は宜しくお願い致します。

またニコラシステムしゃぶしゃぶ仕上げ(冷凍マウスの解凍法)については、雑誌掲載の事もあるので、ジワジワッと順次書いていきます。

誰んだぁ?
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログの中を検索
携帯で撮ってみそ♪
来てくれはった人数

0(2006.07.02)
4000(2006.10.26)
5000(2006.11.01)
6000(2006.11.06)
7000(2006.11.12)
8000(2006.11.17)
9000(2006.11.24)
11111(2006.12.31)
12345(2007.02.13)
13579(2007.02.28)
14142(2007.03.08)
17320(2007.04.18)
22360(2007.06.25)
?????(2007.07.02)
30000(2007.10.12)
方言に変換する?
興味あることだけつらつらっとね
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヘビ需要は相変わらず低迷しているようです。

日本人の蛇信仰と蛇嫌いのアンバランスさはさておき、サマーセール実施中のお店でも、在庫がなかなかハケていかないそうです。

海外からの便が定期的に入ってくるので、おのずと供給過多になり、価格は下がる一方というか・・・

『下げないと売れない』という強迫観念→実際には下げても売れない現実

悲しい現実です・・・

そんな中・・・北海道から電話がかかってきました。

店の人:『CBのヘテロアルビノ・アオダイショウが2匹入りそうです』
ワタクシ:『雌雄はわかりますか?』
店の人:『ブリーダーさんがプローブ刺さないのでわかりません』
ワタクシ:『メスを2匹ほしいんですが・・・』
店の人:『雌雄の指定は無理かもです』
ワタクシ:『で、いくらですか?』
店の人:『2匹で5万です』
ワタクシ:『チョット予算オーバーですね。大阪から1匹1.5万円でオファーが来ているので・・・』
店の人:『あと・・・ホモのアルビノ♂が1匹入りますが・・・』
ワタクシ:『メスがほしいんですよね』

まぁこんなヤリトリがありました。

需要があれば供給価格が跳ね上がる。(業界用語では『ふっかける』『足元をみる』)
売れないと判断した瞬間から弱気になってディスカウントが始まる。
拒食が続いたりした暁には・・・投げ売りです。

もう少しまともなマーケティングをしないと、爬虫類業界全体が壊れてしまうぅ。



PR
Copyright © 爬虫類のことなど・・・。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]
ブログアフィリエイトで日給8万円(サイト) ブログアフィリエイトで日給8万円(ブログ)